どんな時に利用する?|ダイヤなどのジュエリーをリフォームする際の知識を提供します|ロゴロゴロ

ダイヤのジュエリーなどをリフォームするタイミングや取り扱い

ジュエリーは取り扱いに注意して

ジュエリーを美しい状態で使い続けていくためには、取り扱いにも充分に注意していく必要があります。ここではジュエリーを長く楽しんでいくための取り扱い方法を紹介しています。

ジュエリーの取り扱い方法

no.1

定期的に洗浄する

ジュエリーを長く楽しんでいくためには、定期的にメンテナンスを行う事をおススメします。ダイヤといった宝石は油が付着しやすいといった特徴があるものですから、洗浄を行う事が重要となってくるものなのです。油が付いてしまった状態で放置してしまうと、トラブルが発生してしまう事もあるのです。洗浄を行う際には、ぬるま湯を使用するようにしましょう。傷が付いてしまわないように、優しく洗浄する事がポイントです。

no.2

他のジュエリーと乱雑に収納しない

ダイヤといったジュエリーは、その保管方法を検討する事も大切となってくるものです。例えば他のジュエリーと一緒に、乱雑にしまってしまうとトラブルが発生することがあります。宝石や金属は、それぞれに硬さが異なってくるものです。ジュエリーを乱雑に収納することで、ジュエリーに傷が入ってしまう可能性があると言えるでしょう。そのためジュエリーを収納する際には、個々で収納する、またはゆとりを持って収納するように心掛けましょう。

no.3

乾燥剤などを使用しない

乾燥剤を使用する事で、ジュエリーを痛めてしまう事があります。ジュエリーを保管する際には、湿度が高いといけないと考えている方もいらっしゃいますが、実はその逆となっているのです。ジュエリーを保管する際にはある程度の湿度が必要となってくるものですから、ジュエリーを保存している環境が乾燥しすぎてしまっていると、ダイヤといった宝石にトラブルが発生してしまう事が考えられるのです。

どんな時に利用する?

指輪

ダイヤが取れてしまった時に

ジュエリーは大切に使っていたとしても、トラブルが発生してしまう事があるものです。例えばダイヤが取れてしまうなどといった事は良く発生してしまうものでしょう。ダイヤが取れてしまったという場合には、早めにリフォームの業者に相談する事をおススメします。ジュエリーは宝石が取れてしまうと、更にジュエリーを傷めてしまうといったトラブルを招いてしまう事があるためです。

輝きが失われてしまった時に

金属は使用していくうちにくすんでしまうものです。また柔らかい金属の場合には、細かな傷が入ってしまう事も多くある事でしょう。ジュエリーの輝きが失われてしまったと感じた時には、ジュエリーのリフォームを依頼することをおススメします。逆にツヤをおさえるような加工を蘇らせるようなリフォームも可能となるでしょう。

ダイヤなどに傷が入ってしまった時に

ジュエリーを使用していくうちに、宝石そのものに傷が入ってしまうようなトラブルが発生する事もあります。そのような時には宝石を磨き、傷を無くしていく必要があるでしょう。宝石の研磨作業を行う際には、高い技術を持ったプロにお任せする事が重要となってくるものです。ダイヤといった宝石を美しく保つためにも、確かな技術を持ったリフォームの業者に依頼するようにしましょう。

広告募集中